競馬という楽しみ

競馬と言うと、どんなイメージをお持ちでしょうか。くたびれたハットを斜めにかぶった壮年の男性が、右耳に赤鉛筆を挟み、左耳には短波ラジオのイヤホンをつなげて、一人しわしわの競馬新聞に書き込みをする。または、馬券場に近い古びた飲み屋街で、店内の隅のテレビに映る小さな馬の影が一進一退するのを、ほろ酔いの大声で応援する。その人のドラマが垣間見えるような、正統派の競馬の楽しみ方とも言えるでしょう。そんな時代はすっかり過ぎました。今でも、上記のような楽しみ方もできるでしょうが、さらに便利にオシャレな趣味としても楽しむことができます。まず、馬券場です。正しくは「場外勝馬投票権発売所」というこの施設は、通称ウインズといいます。

大都市のウインズに行くと、その明るさや立派さに驚きます。投票は窓口ではなく、機械処理で楽に操作できます。また、競馬専門チャンネルが流れていて、知りたい馬の情報を自由に見ることもできます。競馬場の様子が見える大きなモニターがあるので、臨場感あふれる様子を体感できます。大きな建物なので、フロアも広く、窮屈さを感じさせない清潔感あふれる空間です。休憩したり馬券を書き込んだりするためのソファや、飲料の自動販売機など、くつろいで競馬を楽しむことができます。ここで買う事の出来る馬券は、JRAつまり日本中央競馬会が主催するレースの馬券です。JRA主催のレースであれば、全国のレースが購入できるので、周囲の売店では競馬新聞も全国のバージョンが売っているのも特徴です。馬券の購入は、競馬開催日には買う事が出来ます。特に大きな競馬(有馬記念、宝塚記念など一部のG1レース)がある場合は前々日から、その他のG1レースは前日に購入することができます。

近年、どんどん事前購入が盛んになってきて、前日に購入できるレースも増えてきました。出走二分前まで馬券を買う事が出来るので、その前には買い忘れをしないように館内にベルが鳴ります。ただ、各WINSによって違いもあるようです。買えるレースが限られているところもありますし、購入単位が違う事もあります。実際の競馬場では、100円から馬券が買えるのですが、最小の購入単位が200円だったり500円だったりすることもあるので、注意が必要です。

競馬予想は経験がものを言います。よければ、一度競馬サイトを参考にして競馬をしてみませんか?

このページの先頭へ